2015-10-30 15:29 | カテゴリ:アトピー対策

アトピーには、薄着と厚着どちらがいいんでしょう・・・

どちらも一長一短があるとおもいます。


まず薄着・・・つまりアトピー箇所が露出していることの特徴は

・治りがはやい

・乾燥しやすい

・手がアトピー箇所にいきやすい(掻いてしまう)



みたいな感じだとおもいます。

傷などは絆創膏を貼るよりも、貼らないほうが治りがはやいですけど

アトピーも似ていると思います。


できるだけ、アトピー箇所を空気に触れさせたほうが治りがはやいとおもいます。

ですが、アトピー箇所が露出していると、乾燥しやすく

そのためかゆみがでやすいうえに、アトピー箇所が露出しているために

おもわずその痒みがでたアトピー箇所に手がいってしまうことが多いと思います。



厚着の特徴

では厚着、厚着にはどのような特徴があるかというと・・・

・治りが遅い

・厚着のため、肌に手がいきにくい(痒みがでにくい?)

・掻くときは衣服の上から掻くことが多い

・衣服が肌にくっつきかゆいことがある



みたいな感じでしょうか・・・

厚着のため、その箇所にまで手がいかないというか

無意識に手がのびたりしないことが多いと思います。


薄着よりも肌の乾燥は抑えられると思うので

かゆみも薄着よりはでないかもしれません。


薄着で肌が露出しているなら

掻いてしまったらダイレクトで肌を掻くことしか選択肢はありませんが

厚着なら服の上から掻くという可能性もありますので

厚着のほうが、薄着よりも掻いてしまったが

服の上から掻いたので被害を抑えれた

ということはおおくなるとおもいます。




管理人的薄着と厚着の使い分け

と、薄着と厚着にはそれぞれ特徴があるとおもいます。

そこで、どっちがいいのかというと・・・

薄着と厚着を使い分ければいい

とおもいます。

どっちかに固執する必要はないのではないでしょう。


薄着は掻いてしまって肌がヒリヒリして痛くて、掻くことは当分ないとおもったとき。

厚着で衣服が肌にくっついて、なにかむず痒く感じるとき。

そうおもったら薄着に着替え、肌の治りをよくしたり

薄着にして身軽になればいいとおもいます。


もし、今日はなんか乾燥して痒みがでるなぁ

とおもったら、掻いてしまわないように

万が一掻いてしまったとしても、服の上からですむように

厚着にすればいいとおもいます。



アトピーですから、皮膚のごみというか

かさぶたが沢山衣服にくっついたりするとおもいます。

そう考えると、こまめに衣服を取り替えることは重要だと思います。


薄着用と厚着用の衣服を準備しておき

そのときにあった服装をえらぶべきだとおもいます。


もちろん、1日その服装で過ごすという観念はすてて

1日の途中でも、「かゆみがないから薄着のほうがいいかな」

「かゆいから厚着にしよう」みたいな感じで

着替えをこまめに行うべきだと思います。



眠るときは、無意識で掻いてしまうことが多いと思うので

厚着のほうがいいとおもいますね。


眠るときに厚着だと、寝苦しいかもしれませんが

薄着だと、肌をダイレクトでポリポリすることが多々あるとおもうので

起きたときに後悔しないためにも、掻きにくい服装で眠ることをおすすめします。




厚着だと体が冷えないので大事!おなかが冷えるとアトピーが悪化する

薄着でも厚着でも問題ないような人は

厚着のほうをおすすめします。


体が冷えると、おなかが冷えてアトピーが悪化する可能性があります。

だから、できれば薄着より厚着のほうがいいです。


体が温かいと、アトピーの治りも早いです。

眠ると、布団の中はあたたかいですよね。

そして朝起きると、かなりアトピーが治っていることもあるでしょう。


温かくして眠ることが大事です。

これが布団の中ではなく、寒いところで眠ってしまうと

アトピー状態の治りがイマイチだったりします。


体を温かい状態で保つことは大事です。

ただ、蒸れてしまうとアトピーが悪化してしまう可能性があります。

布団の中でだらだらするのはやめましょう。




【ジャンル】:心と身体 【テーマ】:アトピー性皮膚炎