2011-09-06 16:24 | カテゴリ:アトピーつれづれ

アトピーの考えってずいぶん変わるものだと思います。

たとえば、いまはステロイドは絶対につかったらだめ!

みたいなことをいっている人も、いつかはステロイドもいいんじゃない?

みたいな感じになることもあるでしょうし

昔はステロイドでしかアトピーは治らない!なんていっていた人も

徐々に、ステロイドはつかわないほうがいいという考えになることもあるでしょう。


そういったものは、やっぱり実体験のところが強いと思います。

他には、口コミというか体験談といった

他の人の意見によって考えが変わるということもあると思います。


自分はこうしてアトピーブログをやっていますから

他のアトピーブログもいろいろ見るんですが

アトピーへの考えというのは、人それぞれいろいろあるんですよね。


自分がどのようにアトピーへの考えが変わったのかは

うまく説明できないのですが

アトピーというものが、こてこてのアトピーというものではなく

アトピーというものも体におきうる症状のひとつとみるようになったといえばいいかな。


アトピーってどういう風になったらアトピーなのか微妙だと思うんです。

かゆみがでたらアトピーなのか

肌が乾燥して赤くなったらアトピーなのか

医者からアトピーだと診断されたらアトピーなのか

アトピーって、たしかにそういった症状の名前がつけられていますけど

それは結局、体の健康が乱れているから起きている症状のひとつだと思うんです。


だから、アトピーがどうのこうのではなくて

体への気遣いといえばいいかな

そういったものが重要になると思います。

いや、そういうようなものを重視するような考えに自分はなったといえばいいかな。


他の人がアトピーのことをどういおうと

自分の中でのアトピーの考えが固まったといったほうがいいのかもしれません。

でも、自分の中でアトピーがよくなる方法みたいなものが

明確にないと、他の人がいいというものをすべて試してみたくなると思うんです。

それははっきりいって無理ですよね。


だから、結局はなにかの方法でアトピー対策をすることになるのですが

そのいろいろあるアトピー対策でも自分が「これだ!」と思うものがないと

ぶれてしまって、なかなかアトピーがよくならないと思います。


アトピーってよくなるには、時間が必要なわけなんです。

断続性といえばいいでしょうか。

1日だけ掻かないでも最悪の状態からならば

そうとうアトピー箇所ってよくなるんですけど

一定のところまで来たのなら、治り方もゆるやかになるんですよね。


そういったときに油断して再び掻いてしまうか

それとも、掻かないのが普通の生活を手に入れれるのか

精神的なものの差で別れると思いますねぇ。